FXの基本的な知識

ご存知の通り、日本はとても長いデフレの時代が続いています。それは市場に大量のお金が出回っており、どこの金融機関に資金を預けても金利がほとんどつかないことを意味しています。その様な背景から日本円ではなくて外国の通貨を持って外貨預金したくなるものと思います。私は外貨への投資方法としてFXというものを選びました。FXとは外国為替証拠金取引のことで、リスクは大きいながらもその半面として見返りも大きい投資でした。しかしながら、このFXとは一体何かという方もいらっしゃることと思います。基本的な考えとしては外貨預金よりもリスクが大きくなったものと考えることができると思います。そもそも、外貨預金とは手元にある日本円を外国通貨に両替して日本の定期預金と同じ様に預金するものになります。FXの場合は、手元にある資金よりも数倍から数十倍の資金を動かすことができます。これをレバレッジと言います。手元にある資金は証拠金として業者に預ける格好となります。もし多額の損失を抱えてしまった場合は、この証拠金が返済されないことになります。少額の投資でもレバレッジが効いているために大きな利益も、そして大きな損失も発生する可能性があるということになります。少額での投資でも大きな利益を得る可能性も秘めている訳ですから、それがFXの魅了と思います。FXで利益を得る方法は二つあると思います。それは為替差益によるキャピタルゲインと日本円と外国通貨との金利差から得るスワップポイントです。為替差益は基本的には外国通貨が安いときに購入して、高くなったときに売却するというものです。ちなみにFXの場合はこの逆の取引でも為替差益を得ることができます。スワップポイントは定期預金などの金利が少しずつ毎日溜まっていくものと理解すればよいと思います。FXは大きなリスクを背負うものではありますが、なかなか金利がつかない日本円よりは投資した方が良いのかもしれません。


FXの会社が行なっているキャンペーンと主たる注意点

FXの会社は、しばしばホームページでキャンペーンを強調しています。ただほとんどの会社が提供しているキャンペーンは、内容は共通していますね。たいてい取引が必要になります。

まず流れとしては、金融会社で口座を作る必要があります。身分証明書などを送付して、まずは売買ができる状態にする必要があるのですね。

口座を作ったら、今度は会社に対して入金をします。お金を預ける訳ですが、やはりインターネット媒体で入金をするのが速やかだと思います。

入金が完了したら、今度は売買を行う事になります。その際に、FXの会社が指定している枚数をクリアする必要があります。例えば10万枚での取引が必要なのであれば、10万枚や11万枚であれば条件はクリアできた事になります。逆に8万枚や9万枚などの場合は、ちょっと不足している事になりますね。その条件は各会社のキャンペーン内容のページに記載されていますので、よく注意書きなどを読んでおくと良いでしょう。

そしてキャンペーンで気をつけたいのが、締め切りです。たいてい1ヶ月以内や2ヶ月以内などと、期日が決まっているのですね。その期日を過ぎてしまうと、キャンペーンの対象外になってしまいます。それでキャンペーンの恩恵が受けられ無くなってしまうのはちょっと勿体無いので、期日などはしっかり確認しておく方が良いでしょう。

それともう1つ気をつけておく方が良いのは、出金です。FXの会社に入金をしたのであれば、もちろん最終的には出金をする必要があります。そして上記のように条件を満たしたからといって、直ちに出金をしない方が良いです。すぐに出金をしてしまうと、それでキャンペーンの対象外になってしまう事もあるからです。キャンペーンの機関が終了するまでは、ちょっと出金をしない方が良いですね。私は以前にそれで対象外になってしまった事がありますので、要注意です。

そのキャンペーンで受け取る事ができる金額は、トータルはかなりのものになります。人によっては数十万円以上のキャンペーン金額を受け取っている事例もありますので、色々な所のキャンペーンに応募してみると良いでしょう。


果たして大学生はFXの口座を作る事はできるか

大学生の中には、FXに興味を持っている事もいらっしゃいます。そして大学生によっては、ちょっと審査に不安を覚えている事があるのです。

この商品で口座を作る時には、審査が発生します。それに通過すれば口座を作る事ができるのですが、稀に作るのをお断りされる事例も見られます。大学生によっては、その審査落ちを懸念している方もいらっしゃる訳ですね。

では学生の場合は口座を作るのは難しいかというと、そうとは限りません。現に口座を作っている大学生の方もいらっしゃいます。学生だからといって、口座を作るのは不可能なのではないのですね。

ただしそれも金融会社次第ですね。確かに会社によっては、ちょっと作るのが難しいところもあります。現にある会社の場合は、学生の申し込みはほとんどお断りをしているのが実情だそうです。

しかしその逆の会社も、もちろんあります。一般的には、大手の会社の方が審査に通りやすい傾向があります。FXの会社の中には、ちょっと上場しているような所もありますね。上場企業などは、大学生の方でも審査に通っている事例が多数見られる状況です。ですので審査が不安なのであれば、大手の会社で申込みをしてみるのも1つの方法でしょう。

ただし未成年者の場合は話は別です。学生の中には、年齢が20歳に達していない方もいらっしゃるでしょう。その場合は、ちょっと申し込みが難しくなるケースがほとんどです。

ちなみに金融会社で申し込みをするとなると、必ずと言って良いほど身元証明書が必要になりますね。もちろん学生が申し込みをする時にも、その書面が必要になります。

ところで学生のほとんどは、いわゆる学生証をお持ちの筈です。それは、たまに身分証明証として通用する事はありますね。しかしこの投資商品の場合は、ちょっと難しいことがほとんどです。つまり学生証は身分証明証として認められない会社が非常に多い訳ですね。学生証を提示するというよりは、やはり免許証や保険証などの書面が無難でしょう。

そういうときに審査がほとんどないのが、海外FXです。

とくに、海外FX業者のiFOREXは本人確認書類の提出なしに、すぐにリアルマネーで取引することができます。


減給が発生したのでFXの口座を作った私

今から半年ほど前に、私はFXの口座を作った事があります。そして現在は、その投資商品を用いて積極的に売買をしている状況です。まだ手探りな状態ですが、利益が発生するように日々頑張っているところですね。

ところで私がその口座を作った理由なのですが、減給です。現在私はある会社で働いているのですが、ちょっと最近給料が下がってしまったのですね。色々と会社の事情があって、やむを得ず給料が下がらざるを得なくなってしまったのです。

しかし給料が下がってしまったとあっては、やはり何らかの方法を考えなければなりませんね。家族を養わなければならないからです。

私は色々と考えました。最初アルバイトの副業を考えたのですが、それもかなり難しい状況でしたね。朝から深夜まで働いているので、ダブルワークも非常に困難なのです。そうかと言って手を打たない事には、家族を養うのも難しくなってしまうでしょう。

ある時私はインターネットで、FXという商品を知りました。その商品を用いて、大きな利益が発生している方もいらっしゃるようですね。リスクもある商品ですが、その反面利益が発生している方がいらっしゃるのもまた事実だと分かりました。私はその商品は、自分にはぴったりだと思ったのです。

そこで私はその商品で売買をする為に、インターネットで情報を送信をして申し込み手続きをしました。審査に通るかどうかがちょっと不安でしたが、特に問題はありませんでした。私の場合はある程度貯金があったので、それで審査に通っていたのかもしれませんね。

いずれにしても問題なく口座を作る事ができた私は、その投資商品で売買を行っています。最近は徐々に成績も良くなってきて、利益なども伸びつつあります。この調子で頑張っていけば、恐らく家族を養うことができるのではないでしょうか。思い切ってこの投資商品の口座を作ってみて、良かったと思います。

ただこの商品には、リスクがありますね。そこだけは気をつけて売買を行おうと考えています。